サムイ島レストランとショッピングガイド

サムイ島のレストランとショッピングガイド。美味しい物を食べ、満足のショッピングができれば、旅行は10倍楽しくなる。サムイ島を訪れる皆様の旅行が、とっておきの旅行になることを願い。

2005年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グリンゴス カンティーナ サムイ島・チャウエンビーチ

サムイ島チャウエンビーチ


サムイ島で最も賑やかなビーチ、チャウエンビーチの中でも特に賑やかな場所に位置する、メキシコ料理店”Gringos Cantina グリンゴス・カンティーナ”。

〈行き方〉
チャウエンビーチのPizza Hutの向かいにあるレストラン、The Islanderのわき道を奥へ入ったところの右手。

〈営業時間〉
2:00PM~12:00AM

〈電話番号〉
077-413-267

イタリア料理が多いサムイ島の中で、本格メキシコ料理を堪能できる。
たっぷりチーズののった、メキシコ料理の王道を行くタコスやブリトーやナチョスは、やはりお勧め。

プレートで一人ずつ注文してもよし、みんなでシェアして色んな味を楽しんでもよし。

一本道をはいるだけで、チャウエンビーチの賑やかさを忘れてしまう、静かな落ち着いた雰囲気のレストランは、食後もゆったり過ごすことができる。
スポンサーサイト

| ヨーロピアン料理 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

BBC Restaurant サムイ島・ビッグブッダビーチ

サムイ島ビッグブッダビーチ


夕日をみながら、静かにのんびりお食事を。
そんな願いを叶えてくれる”BBC Restaurant BBCレストラン”

〈行き方〉
ボプットビーチよりビッグブッダビーチへ。
ビッグブッダへの門のほんの少し手前のビーチ沿いに位置する。

〈営業時間〉
月~土曜 9:00AM~8:00PM
日曜   10:00AM~10:00PM

〈電話番号〉
077-425-089

広い敷地を利用した、ビーチ沿いのレストラン。オープンエアなので、開放感もある。
休憩に、お食事に、のんびりとした雰囲気は時の流れも忘れさせる。

近くには空港もあり、この近くでは手が触れそうなくらい低空飛行になる。落ちてきているのではないので、ご安心を。

海の側の席に座ると、左手にはヤシの木に囲まれた、ビッグブッダビーチとボプットビーチ、右手には遥か遠くへと続く地平線が広がる。

夕方には、ここからは素敵な夕日を眺めることができる。
ビッグブッダ見物の後には、ここで休憩するのも良いだろう。

レストランのHPで、ここからの素敵な夕日の写真を見れるので、是非、是非ご覧あれ。

同じ敷地内には”Kia Ora キアオラ セイリングツアー”のオフィスもある。

| 多国籍料理 | 19:39 | comments:0 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

Long Beach Lodge サムイ島・チャウエンビーチ

サムイ島チャウエンビーチ


チャウエンビーチにてお昼ご飯。どこで食べようかなー、レストランもいっぱいあって迷ってしまう。
そんなときにお勧めなのが、”Long Beach Lodge ロングビーチ・ロッジ”内のレストラン。

〈行き方〉
チャウエンビーチのマクドナルド(1店舗のみ)の向かいに、海へと続く道がある。そこが、ロングビーチロッジの入り口。
ビーチ沿いにレストランがあるが、一度ビーチへ出る方が分かり易い。

〈営業時間〉
8:00AM~8:00PM

〈電話番号〉
077-422-372

メニューは洋食からタイ料理まで様々。
飲み物も、コーラからフルーツシェイク、カクテルまで選べる。

さてさて、気になるメニューですが、個人的にお勧めなメニューをピックアップしてみました。

まずは飲み物から
ここのお勧めはフルーツシェイク

・バナナシェイク
・スイカシェイク
・ココナッツシェイク

やっぱり、タイの果物は甘い!!
新鮮な果物を使ったシェイクは美味!!
スイカ???ココナッツ???日本では馴染みのないメニューですが、騙された、いや私を信じて注文してみてください。
後悔させません。

飲み物を注文したあとは、ご飯の注文だ。
色々メニューもあるし、英語ばかりだし、よく分からない・・・。
このレストランのほとんどの料理を制覇した(してしまった)私のお勧めは・・・

〈ご飯〉
・Fried Rice (チャーハン)       
・Fried Rice with Shrimp Paste (エビ味噌風味チャーハン)
・Amrican Fried Rice(チキンライス)

〈麺類〉
・Fried Noodle Thai Style(タイ風焼きそば ※パッタイ)
・Fried Noodle with Hot Basil Leave (バジル味焼きそば)
※バジル味焼きそばは辛いので、辛いのが苦手な方はご遠慮下さい。

〈炒め物〉
・Fried Thai Curry (カレー炒め)※辛いです
・Fried Hot Basil Leave (バジル炒め)※これも辛いです

〈スープ〉
・Thai Curry(イエローカレー)※ココナッツミルクを使用してます
・Tom Yam(トム・ヤム スープ)

タイ料理は注文の際、豚肉、鶏肉、イカ、エビなど具を選びますので、注文の際は、どの具を使用するか選んで下さい。

もっと色んなタイ料理を食べたい、でも何を注文していいのか分からない!!辛い料理は苦手。

そんなときは、ロングビーチ・ロッジ内ある、”ほうぼう屋”へ。

ほうぼう屋では、ご来店頂いた方皆様に、無料で指差しタイ料理メニューを差し上げております。
辛い料理には印をしているので、辛いのが苦手な方でも安心。

ほうぼう屋のお勧め、サムイ島のレストランもチェック!!

| タイ料理 | 15:57 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

Samui Bay View サムイ島・チャウエンビーチ

サムイ島レストラン


サムイ島の最も賑やかなビーチ、チャウエンビーチを一望しながら食事をとれる、Samui Bay View Restaurant(サムイ・ベイビュー・レストラン)

〈行き方〉
サムイ島を1周する周回道路をチャウエンビーチからラマイビーチ方面へ。
アップダウンの道を進んでいくと、右手に急な上り坂が見える。
そこが”サムイ・ベイビュー・レストラン”への入り口。
※一つ目のビューポイント(見晴台)のすぐ側にあります。

〈電話番号〉
077-413-540

チャウエンビーチの南、高台に位置するレストラン。
サムイ島の中でも、指折りの絶景を眺めながら食事を楽しめる。

お昼に行くなら青い海を、夜に行けばチャウエンビーチの美しい夜景を、昼と夜では全く違った景色を堪能できる。

予約などは特に必要ないが、やはり見晴らしの良い席の確保はなかなか難しい。

日程が決まったら、少し早めに予約を要れ、良い席を確保したい。

| タイ料理 | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Villa Bianca サムイ島・ボプットビーチ

villa_bianca

サムイ島でも指折りのイタリアン・レストラン、”Villa Bianca ヴィラ・ビアンカ”

〈行き方〉
サムイ島をグルッと1周する周回道路をチャウエンビーチからボプットビーチ方面へ。
一つ目の信号を右折し、まっすぐ海の方向へ。
T字路(左手にコーヒーショップ)を左折し、ボプットビーチロードをまっすぐ進むと、右手に見えてくる。

〈営業時間〉
11:00AM~11:00PM

〈電話番号〉
077-245-041

南の島にいるんだから、ビーチ沿いでお食事を!!
サムイ島にはイタリアンレストランが多いものの、ビーチ沿いで本格的なイタリアンレストランを探すのはなかなか難しい。

そんな中、サムイ島のボプットビーチにあるこのレストランは、素敵な海を眺めながら、本格的イタリアンを堪能できる。

オープンエアで開放的な雰囲気。

料金は他のイタリアンレストランと比較すると若干高めだが、それ以上に満足する味と雰囲気を提供してくれる。

南の島の雰囲気を存分に味わいながら、カップルでゆっくりと語り合うにはお勧め。

| イタリア料理 | 19:03 | comments:0 | trackbacks:9 | TOP↑

≫ EDIT

THE RED HOUSE  サムイ島・ボプットビーチ

the_red_house_サムイ島

ボプットビーチロードに面する、靴屋さん。

THE RED HOUSE BOUTIQUE HOTEL CAFE、お店の前の”寿”と書かれた看板が目印。

〈行き方〉
サムイ島を1周している周回道路を、チャウエンビーチからボプット方面へ向っていると信号が見えてくる。チャウエンビーチからは、一つ目の信号だ。ここがボプットの交差点。信号を右折し、まっすぐ海の方へ。
突き当たりのT字路(左手にコーヒーショップ:Cofee Junction)を左折し、徒歩2分、右手に見えてくる赤い建物。

〈営業時間〉
8:00AM~11:00PM

〈電話番号〉
077-425-686

RED HOUSEの名前らしく、お店の建物や壁は赤。
しかし、靴は赤はもちろんのこと、黒やベージュ、黄色やカーキなど、様々な種類のものを取り揃えているので、ご安心を。
サンダルやパンプスなど、日本でも履けそうなものも多く有。

料金は他のお店と比べると若干高めだが、その分、他のお店ではあまり見かけない、オーナーのセンスの良さが光る素敵な靴やサンダルを取り揃えている。

同じ通りに面する”CHINA TOWN FASHIONS CHINESE ANTIQUE 漢字名:福”は同系列。

| ショッピング ボプットビーチ | 16:53 | comments:1 | trackbacks:15 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。